英才教育の必要性

英才教育って必要なんでしょうか?

子供はのびのび元気よく!!と思っていたのは昔の話なんでしょうか?

最近は駅前にいけば、至る所に幼児の学習教室があって。

幼稚園に通う前から何かしらの習い事をしていて、幼稚園に入れば、その数も増えて・・・。

毎日何も習いごとをしていない幼児って今や結構少なくなってきているようです。

幼稚園くらいになれば、本人がやりたいことなども出てくるだろうし、自主的に通うんでしょうけど、それより前の幼児にとっては、ほとんど親の言いなりですよね。

幼児の時期に学習塾などの習い事をして、英才教育を受けてきたお子さんって本当に立派な大人になれているのでしょうか?

親の望んだ姿に成長しているのでしょうか?

確かに、医者の家の子供は医者になるべく、小さいころからいろいろな学習塾に通って、受験を繰り返して、医大に入学して、医者になったりしていますが、そうではない普通の家の子も最近では英才教育を受けてたりしますよね。?

親は自分が出来なかったことなどを子供にさせてたいのかもしれませんが、みんながみんな幼児期の英才教育で立派な大人になれるとは思いません。

もう少し子供に遊ぶ時間を与えて欲しいですね。

それが子供にとって大切なことだと思います。