本末転倒な保険の見直し

学資保険代わりに、低解約返戻金型保険を活用する人が増えていますが 名義人は誰になっているでしょうか。

我が家は最初に出会った保険外交員から 「旦那さん名義で入りましょう。」と勧められたので 特に何の疑問も抱かずに、夫名義で低解約返戻金型の保険に加入しました。 その後に「見直し」と称してある保険外交員とお話をしたのですが、その時に 「名義人を息子さんにした方が、月々の支払額が少なくなりますよ。」 と提案されました。

確かに、低解約返戻金型の保険は加入者の年齢が低ければ低いほど 月々の支払額は安くなります。
加入当時の夫は30歳、息子は0歳ですから 息子名義で入った方が数段安くなるのは目に見えています。
なるほど、では息子の名義で加入しなおそう!と思ったのですが ここで自分の中でストップがかかりました。

低解約返戻型保険はあくまで終身保険のひとつであって学資保険ではありません。
加入者に万一のことがあった際に支払われるお金を目的として加入するものです。
(実際はその積み立て分を学資保険のように考えて利用しようということなのですが) 夫の名義で加入していれば、夫に万一のことがあった場合に 息子の学費を保証するだけの金額が支払われることになりますが 息子の名義で加入した場合、息子に万一のことがあった場合にお金が支払われることになります。

これでは何の保障にもなっていないなぁというのが、私の正直な感想です。 もちろん月々の支払金額が少ないのは魅力的ですが 目先のことにとらわれて、保険の本質を間違えてしまっては本末転倒もいいところです。 自分のこどもに万一のことがあった場合に、お金を手にしたい!と思う親は少ないはずです。

このことがきっかけでインターネットで調べてみたところ 保険の契約欲しさに「月々の支払額が減ります!」といううたい文句で 低解約返戻金型保険の見直しを勧めてくる保険外交員は多いことがわかりました。

自分が何を大事にしたいか…それがしっかりわからないと アッという間に話に乗せられてしまいそうです。 自分の中で「ちょっと待った!」をかけることって、結構大切なことですよね。
それに元々社内の保険売上金額だけに追われる保険外交員は自社の保険商品しか知らず、保険相談相手には向かないのかもしれません。
やはり保険相談は保険のプロのファイナンシャルプランナー(FP)にお願いした方がいいかもしれません。保険相談無料 比較ランキング

コメントは受け付けていません。