保険業に関する政府の規制と監督

保険は保険加入者と保険会社との間で契約をする事によって効力を発します。 保険契約者は保険料を一括又は月々の分割などで前払いしますが保険金が支払われるのは保険事故が起こってから、若しくは満期の払い戻しの時となります。

保険会社は保険金を支払うべき時には、速やかに保険金を保険加入者に支払わなければなりません。 その為に、保険会社は経営の安定性を図りどんな時でも保険金を支払えるだけの保険金支払い能力を維持する必要があります。

保険事業の公共性の観点から政府は保険事業の経営に政策的に介入し規制を加え、監督し保険加入者の利益を守ります。

保険契約をする上で重要事項説明を記したものが保険約款です。保険加入者は保険の専門知識を持っていない場合が多く、その上保険約款は字が小さく読みにくい上に大変分かり難い文言で書かれています。

保険加入者が保険の内容を十分理解しないまま、勧誘されるままに保険に加入したり、利率の高い時期に加入した所謂お宝保険を解約し、わざわざ利率の低い保険に加入し直す・・といったことも多々起きています。

こういった問題を防ぐためにも政府の監督と規制は必要となります。
生命保険 自動車保険

コメントは受け付けていません。